楽しい春休みの一日、ちの地区こども館“永明わくわく館”では4月1日(金)午後2時から日本折紙協会の溝口先生に教えていただいて愛知万博(愛・地球博)のキャラクター「モリゾー」と「キッコロ」を大小の折紙で作りました。

折り紙教室の様子

大人5人、子ども12人が先生を囲んで作り始めました。始めのうちは簡単でしたが、途中から難しくなって、「先生、わからな~い!」「早すぎてそこまでできない!」など、大騒ぎしながら作りました。

モリゾーとキッコロ

「モリゾー」と「キッコロ」を台紙にはりつけ、壁掛け用のピンクのリボンを通出来上がりました。円形の折り紙で鳥をたくさん作った人もいました。