茅野市内に在住・在学の中学生・高校生、同年齢の若者が、自分の夢や希望を叶えることのできる広場、CHUKOらんどチノチノでは10月26日(日)に文化祭を開催し、300人を超える方々に来てもらうことができました。

2014-10_chino2-01

今年も0123広場のハッピーハロウィーンと同じ日に開催をし、小さな子たちにも楽しんでもらえるように、おばけボーリング、新聞プール等の遊びコーナーを用意しました。またステージ企画も、二人羽織やのど自慢以外に、小さい子も知っているダンスを中高生と一緒に踊りました。

2014-10_chino2-03

次回のイベントは12月20日(土)クリスマスライブになります。今後もチノチノでいろいろなイベントを企画し、地域の人たちにもたくさん来ていただければと思います。

2014-10_chino2-02

チノチノの一コマ

2014-10_chino2-04

毎月の今回のチノチノ文化祭は、運営委員を中心に普段利用している中高生が実行委員として企画をしてくれました。何度か0123広場に足を運び、何をしたら喜んでもらえるのかを相談したりと、一生懸命頑張ってくれました。

このようにイベントの時にも0123広場の子どもたちと交流をしていますが、普段からも小さな子たちが好きな中高生に声をかけて0123広場に遊びに行くこともあります。中高生も自分たちがお父さんお母さんになった時のことをイメージしてみたり、こどもたちやお母さんに「遊んでくれてありがとう」と言われることがちょっと嬉しいようです。

こうやって地域の人たちから感謝をしてもらえたり、自分たちの力を地域の中で発揮していくことができる場があることで、中高生も自信につながっていくのではないかと思います。チノチノは中高生のみ利用ができる施設であり、中高生が安心して使える居場所でもありますが、同時に中高生の持つ力を地域の人たちに知っていってもらえる場にもなっていけばと思います。

(スタッフ 半田)