8月4日にはちのどんばんが開催されましたが、この日にCHUKOらんどチノチノでは年間を通して最大のイベントとなるライブ「SummerChinock2018」を茅野市民館にて同時開催しました。

このイベントは「普段チノチノで練習をしているダンスやバンドのグループの発表を地域の方に聞いてほしい」ということも目的の一つですが、もう一つ「イベントをプロの方と一緒に0からつくっていける」という目的もあります。

チノチノでのライブイベントは誰かが企画してくれたライブにただ出るわけではなく、出演者が実行委員会をつくり準備をし、市民館のスタッフの方と打ち合わせをし、当日の音響、照明、舞台回りなどの作業も一緒にすることができます。将来そういった仕事につきたいという高校生にとっては実際に現場でプロの方の意見を聞くことのできる機会となっています。またここで学べることで、その後のチノチノ内で行われるライブの質も上がっています。

次のライブは少し先ですが、10月28日のハロウィンライブとなります、みなさんぜひお越しください。

〈発表した高校生より〉
今回、2度目となるSummerChinockに参加させてもらい、多くのチノチノの仲間や先輩、後輩たちとライブができてよかったです。
何年も続いているこのライブが開催されているということは、先輩たちの代からずっとこのライブを作ってきているんだと、自分達も頑張らなければという気持ちになりました。

こうやって自分たちでやりたいと思うことを実現させてもらえるチノチノがあって良かったと思います。また次のライブも盛り上げて、ずっとずっとチノチノやライブが続いていくよう頑張っていきたいと思います。