こども食堂・子どもカフェってなあに? の巻

楽しいこと、興味のあることには、ついつい顔を突っ込んじゃう私は、あっちにもこっちにも顔を出して「かっとびかほちゃん」の異名がつきました。子育て中に楽しめるイベントやいろんな情報を紹介していきま~す。

最近耳にすることが多くなってきた「こども食堂」。長野県では「こどもカフェ」っていう名前で、取り組んでいますが、なんだろう?って思う人もいるんじゃないかな。こどもが運営する食堂ではありません。地域のいろんな世代や立場の人が集まれる、コミュニティー作りなんですよね。

ご近所さん同士で集まって、一緒にごはんを食べると、支え合いのコミュニティーができるっていう取り組みです。昔はあったよね、なんて聞くけど、今、子育て中の私たちが子どものころは、すでにご近所同士のお付き合いはあまりなかったのかもしれません。人間っていう生き物は、コミュニティーの中で子どもを育てるようにできているのに、現代はそれが希薄になっているからいろんな問題が起きてくるんだ、っていうことも聞きました。「人に迷惑をかけない」って大事なことだけど、「頼っちゃいけない」ってこととは違うよね。かほちゃんは、「助けてが言えるようになれば一人前」だと思っています。

子どもが親以外の大人と、一緒にごはんを食べて仲良くなって、親には言えない悩みを相談出来たらステキかも。大人だって誰かと話してスッキリしたり、助けたり助けられたりすることはステキなことだと思います。茅野市内にもいくつかの「こども食堂」の活動があります。私も時々行っては、美味しいごはんをいただいてます。どの活動も、誰でも参加できますよ。一度覗いてみてはいかが?

いろんな情報を紹介しています。◆繋inc.のブログをチェック◆

子育ての頼り合い・地域のネットワーク“繋inc.(つなげるいんく)”ブログはこちら