生きること・いのちのこと、子どもと語り合う?

楽しいこと、興味のあることには、ついつい顔を突っ込んじゃう私は、あっちにもこっちにも顔を出して「かっとびかほちゃん」の異名がつきました。子育て中に楽しめるイベントやいろんな情報を紹介していきま~す。

子どもを持つ親なら、だれでも「自分の子どもを守りたい!」って思うよね。交通事故はもちろん、世の中を見渡すと、いろんな危険がいっぱい。でも、どうやったら子どもを守れるのか。って言ったら、どうしたらいいのかわからなくなっちゃう。かほちゃんは思います。小さいときからの性や生の教育が大事なんだと。だけど子どもといのちの話をどうやって?。親の世代もそういうことを学んできていないからわからないですよね。セクハラ、性犯罪、子どもとは無関係じゃありません。自分を大切にすること。人を大事に思うこと。全部いのちのお話しですよね。この7月に諏訪地域の各所で、子どもを育てる親の仲間が、ステキな上映会を計画しています。

“子どもに伝えたい。大人ももういちど考えたい。いのちを愛しいと思う気持ちを繋げる。
「いのちのまつり 地球が教室」(草場一壽監督) 上映会”
7月4日(水)諏訪市、7月22日(日)ゆいわーく茅野、他、岡谷でも開催予定です。

詳細情報は、◆繋inc.のブログでも紹介していきます。チェックしてみてくださいね。子育て中ママさんや、子どもの支援団体がお手伝いしています。
 
そして、困ったときには長野県にも、子どもから大人まで、性被害の相談窓口が数年前にできました。「りんどうハートながの」を検索してみてください。

子育ての頼り合い・地域のネットワーク“繋inc.(つなげるいんく)”ブログはこちら