子どもはいっぱい遊ぼう

楽しいこと、興味のあることには、ついつい顔を突っ込んじゃう私は、あっちにもこっちにも顔を出して「かっとびかほちゃん」の異名がつきました。子育て中に楽しめるイベントやいろんな情報を紹介していきま~す。

子育て中の親が気にしていることの一つに、子どもの力を伸ばす教育のことなんかもあるよね。私も親になったとき、子どもにどんな働きかけをすればいいのか。っていうことに興味津々でした。わが子に、どんなものを見せたらいいのかとか、おもちゃはどんなもの?とか、育児雑誌やテレビなんかの情報や、口コミを調べては、ため息。そういえば、生まれる前から胎教にいいとか思ってクラッシックを聞いたりさ。いろんな教材も売っていたり、早期教育とか聞いちゃうと、何かしなくちゃって思ったり。

もちろん、いろんな考え方があるから、何がいいかは自分で考えなくちゃいけないんだけど、情報に踊らされて焦ったりしちゃうのよね。だって、親が何を与えるかで子どもの将来が決まっちゃうような気になっちゃうんだもん。トンビが鷹を育てようと必死!何が一番いいのか、だれか教えて~~って感じ。だけど、実は、いっぱい遊ぶことが大事だったのよね。お家の中でも、外でも、子どもが自分の全身の感覚でいろんなものを感じて遊ぶこと。転んだり、ケンカしたり、ひとりでも、仲間とでも、遊ぶこと。親や大人は見守ること。いいもの、いけないものを、自分で体験して選ぶこと。子どもの力を信じていいんだって、今更ながら思います。

この地域は自然がいっぱい。遊びもいっぱい体験できる。親にできるのは、せいぜい遊びのジャマをしないことなのかな。森の中で遊んでいる人たちに出会って、小学生になった末っ子も、まだまだ遊んでほしいと思うこの頃です。茅野市周辺には、遊びや体験をしている団体なんかもいろいろありますね。そういうところに出かけるのもいいですね。どんぐり通信HPにも紹介あるよ。

子育ての頼り合い・地域のネットワーク“繋inc.(つなげるいんく)”ブログはこちら