at 泉野地区こども館「いずみのほとり」
おはなし交流会“きいろいさくらんぼ”のクリスマス会

12月22日(木)午前10時から、泉野地区こども館”いずみのほとり”で9組の親子が参加し、おはなし交流会“きいろいさくらんぼ”の初めてのクリスマス会がおこなわれました。

〔写真〕泉野地区クリスマス会1

ホットケーキミックスとホットプレートを使って、ホットケーキを焼いて準備OK。トッピングは、ホイップした生クリーム・バナナの輪切り・黄桃の薄切りです。大きいホットケーキに生クリームをのせて、さらに小さいホットケーキをのせてトッピングすれば、本物のケーキにまけない可愛い手作りケーキの出来上がり。お母さんに手を添えてもらって、楽しそうに生クリームを絞り出して飾り付け、親子のふれあいにもなりました。また、“泉野地区ボランティアの会”の方がお手伝いに来てくださり、一緒にホットケーキを焼いたり、小さい子どもを抱っこして面倒をみてくださったり、お母さん方と話をしたり。核家族化の進んでいる世の中で、大切な世代交流の場にもなっていました。

〔写真〕泉野地区クリスマス会2

自作のケーキを食べながら、泉野地区で活動している読書ボランティアさんやどんぐりメイトさんに絵本を読んでもらったり、キーボードでのクリスマスソングの演奏を聞いたりと、楽しい時間をすごしました。全員で「ジングルベル」を歌ってこれで終わりかなぁ~。いえいえ、次はいよいよみんなが楽しみにしていたサンタさんが鈴の音と一緒に登場です。一人ひとりにプレゼントを手渡してもらいました。忙しいサンタさんが帰ってしまうと、「サンタさん行っちゃったねぇ~」と寂しそうでした。初めてのクリスマス会は、和気あいあいでとっても楽しくできました。

  

「ちょっと小さくて赤くなる日を夢見ているきいろいさくらんぼ。小さな子ども達も夢をふくらませ、大きく育っていってほしい…」そんな願いから“きいろいさくらんぼ”という名前がつきました。最初は、午前中ぽつぽつと地区こども館に本を借りに来ていた親子連れ。「せっかく来ても、時間が合わなくてお友達とはすれ違い…」。そんなことがあり、「曜日を決めたら一緒に遊んだり、お友達になれるのではないかな!」、それがきっかけで、最初は2~3組ぐらいでスタートしましたが徐々に参加者が増えています。泉野地区以外からの参加も何組かあり、楽しそうな子供たちの声が聞こえています。

“きいろいさくらんぼ”は、毎月第2・4木曜日午前10時から、未就園児の親子を対象にしたおはなし交流会をおこなっています。絵本の読み聞かせの後は、おもちゃで遊んだり子育てなどの情報を交換したり、自由に過ごします。泉野地区以外の方の参加も大歓迎です。問い合わせ先は、泉野地区こども館いずみのほとり(TEL.70-1606/泉野地区コミュニティセンター呼び出し)です。一緒に遊んでくださる方・絵本の読み聞かせをしてくださる方も募集しています。ぜひ気軽に足をはこんで、参加してください。