【写真】「仮面の女神」重要文化財指定記念

期日 時間 内容 参加要項
10月3日(火)~

11月5日(日)
午前9時~午後5時

(入館は閉館30分前まで)
「特別展「縄文時代後期の茅野」

「仮面の女神」の重要文化財指定を記念し、「仮面の女神」が制作された縄文時代後期の茅野について、出土品や写真を展示して紹介します。
通常観覧料が必要です。
11月3日(金・祝) 午前10時~
午後1時~
「考古館活用の日」

考古館学芸員による館内の展示解説を行います。
申込み・受講料不要
観覧料は必要になります。
11月12日(日) 午前10時~

午後3時
縄文教室(2)「かごを作ってみよう」

クズやアオツヅラフジなどのつるを使ってかごの作成を行う体験講座です。
小学校5年生以上(4年生以下の方は保護者の方もご参加ください)



汚れてもよい服装・お弁当・軍手・剪定ばさみ(お持ちの方のみ)
受講料:500円
要・申し込み

定員:20名
11月26日(日) 午後1時30分~午後3時 縄文ゼミナール(4)

「尖石遺跡~集落観がどうかわったか~」
中学生以上対象

講師:小林深志学芸員(尖石縄文考古館学芸員)
定員:80名(当日先着順)

申込み・受講料不要
ただし、配布資料がある場合、資料代をいただくことがあります。
館内の展示をご観覧いただくには観覧料が必要です。

行事のお問い合わせ/お申込みは、尖石縄文考古館(76-2270)までお願いします。