【写真】星空館・たなばたまつり

北山地区こども館星空館「たなばたまつり」は、7月12日(日)午前10時から12時まで開催されました。

6月7日のこども運営委員会Star★nine(委員:9名)で提案され、6月15日地区こども館運営委員会(大人の会)で承認されました。

当日までに5回のこども運営委員会が開かれ、毎回8名の委員が出席して、準備やブラックシアターや大型絵本の練習に励みました。ブラックシアターでは初めてでしたが、戸惑いながらも楽しそうに練習していました。前日の土曜日も、午後から集合して準備・練習、当日も朝9時から準備しました。

地区こども館運営委員会は、6日(水)に男性の委員さんが大小10本ほどの笹だけを搬入してくださり、また当日はビーナチャンネルへ投稿するビデオを撮影してくださいました。

【写真】星空館・たなばたまつり2

当日は午前10時からの「はじめのことば」「笹に飾りつけ」に始まり、ブラックパネルシアター「おりひめとひこぼし」、大型絵本「ひさのほし」「きょだいな・きょだいな」、ゲーム「スターバスケット」(フルーツバスケットの、星空館版)と楽しいプログラムが続きました。ジュースを凍らせたアイスキャンディーを食べる「アイスパーティ」は人気でした。

みんなの願い事を飾りつけた笹だけは、北山保育園にお願いして、10日10時から、星空館の笹も一緒に笹送りしていただきました。「パイロットになれますように」「宿題を1週間なくして欲しい」「魔法が使えるようになりたい」…。子ども達の願いがかないますように!

こども運営委員会Star★nineでは、「パネルシアターが練習より上手に出来た。」「ゲームが楽しかった。」という感想と、また「思っていたほど人がこなかった。土曜日なら来たかな?」「ゲームなど予備を考えておけばよい。」「大人の参加が増えたらよい。」など次回への反省も出されました。