大変暖かだった今年の冬も終わりもうすぐ4月、それぞれに新しい生活が始まります。今年度の思い出「星空のクリスマス会」の様子をお知らせします。

【写真】星空館クリスマス会06

北山地区こども運営委員会Star★Nine(以下S★N)からクリスマス会の希望があり、土・日に地区の行事と重なるので学校が早く終わる12月20日水曜日の午後、バスで帰宅する仲間達のために午後3時から3時50分までには必ず終わらせ、4時15分から保育園児にも何かやってあげることに決定しました。

今年もサンタさんをお願いしたいとの希望があり、以前と同じサンタさんにお願いの手紙を出し快諾していただきました。サンタさんとの打ち合わせも行われ活発に出された意見に、サンタさんも色々なアイデアを出してくださいました。樅の木を運営委員さんより寄贈いただき、地区コミュニテイ玄関に飾りチカチカ光る電球ときれいな飾りがクリスマスの雰囲気を盛り上げてくれ、利用者の方にも喜ばれました。

当日は、小学生70名・保育園児14名・保護者9名、そしてS★N9名が参加しました。プログラムは、ブラックパネルシアター「メリークリスマス」、大型絵本「ぐりとぐらのおきゃくさま」、クイズ大会と進み、最後にプレゼントをサンタさんからもらいながら解散しました。

【写真】星空館クリスマス会06-2

「休み時間中、クリスマス会の話題でもちきりだったよ」と、チラシを配り、ポスターを貼った効果が見られたようです。

小学生の部はサンタ帽をかぶって雰囲気を出し、メイトは分室業務でほとんど会場にいられませんでしたが、大きな問題も無く進行できました。唯、クイズ大会の景品につられヒートアップし過ぎた時はクイズ係り以外のS★Nが、落ち着くように声掛けをする姿がみられ、今までの経験を元に成長してくれていることに嬉しくなりました。

保育園の部は、始まる前から親子連れで一杯になり、いつもと違う暗い部屋に戸惑いましたが、きれいなブラックパネルシアターに目を輝かせていました。本当のおひげのサンタさんに嬉しそうに話しかける姿も見られました。

当日と翌日は、学校でその話題で持ちきりだったようです「パネルシアターを邪魔したり、クイズに興奮して前に出てきてしまった子に困った。保育園だけでなく、小学生の部も親にいて欲しかった。大人がいると少しは違うかな?」「パネルシアターなど、とても上手で感激しました。」と、感想がよせられました。