R for I(支援を必要とする児・者と家族の会)主催のシリーズ学習会をお知らせします。

ILM32035障がいや高齢などにより、支援を必要とする家族の今を見つめ、よりそい、笑顔で過ごす毎日と将来のために、今知っておきたいこと、今日からできることを一緒に考えましょう。

10月6日(土)開講の第2回は、「発達障がい疑似体験 ~どんなふうに見えているの?感じているの?生きにくさを感じてみよう~」です。家族の“今”によりそって、今を見つめて考えてみませんか。

演題
内容
「発達障がい疑似体験 ~どんなふうに見えているの?感じているの?生きにくさを感じてみよう~」
周囲から「困った人」と思われてしまいがちな発達障がいのある人たちの感じ方や困り感など、疑似体験を通してふれ、「困った人」ではなく『困っている人』という視点で“共に生きる”を考えます。昨年度の体験から更にステップアップ!
講師 牧野 直樹 さん
日本LD学会「LD、ADHD等心理的疑似体験プログラム」認定講師・特別支援教育士
日時 2018年10月6日(土)
10:00~12:00(受付 9:30~)
場所 ゆいわーく茅野 101. 102 会議室
参加費 500円(会員無料)
お申し込み
お問い合わせ
R for I(支援を必要とする児・者と家族の会)
代表:山室 典子
TEL. 090-9664-1240
FAX. 0266-72-5949
E-mail. boxmail_nori1116●yahoo.co.jp
※メールアドレスは●を@に変えて送信して下さい。☆できるだけ事前にお申し込み下さい。当日参加の場合、資料をお渡しできない場合もあります。

この事業は「茅野市団体助成金」を受けて行われています。