よるのどうぶつえん@茅野市民館(3/24~4/6)

Light It Up Blue ちの 2019 関連企画
よるのどうぶつえん[共催事業]

市民館の中庭に、絵本から抜け出してきたような動物たちのパネル動物園が開園します。Light It Up Blue ちの 2019のブルーライトアップに合わせ、4月2日~6日は動物園もライトアップします。ぜひ、ご参加ください。

[動物パネルデザイン]
早川鉄兵(切り絵作家)
1982年、石川県金沢市生まれ。滋賀県米原市の山間集落に拠点をおき、日々出逢う自然や動物をテーマに制作活動をしている。精密な切り絵作品にとどまらず、大掛かりなインスタレーションやライトアップを手がけるなど、新しい切り絵表現の可能性を模索している。

[動物シールデザイン]
YUUMA
絵を描くことが大好きな地域の養護学校に通う中学生。イラストや切り絵を作るのが日課。

日時 2019年3月24日(日)~4月6日(土)
9:00~22:00(初日はワークショップ終了後から)
会場 茅野市民館 中庭
イベント アートワークショップ「LIUBアーチをかざろう」
色とりどりのシールで動物を描き、ブルーのパズルピースを装飾。そのピースをつないで、動物園の入口アーチを飾るアートワークです。日時:2019年3月24日(日)13:00~15:00
会場:茅野市民館 イベントスペース、中庭
持ち物:はさみ
参加費:無料
\当日とび入り参加も大歓迎!/
※小学3年生以下のお子さんは保護者同伴でお願いします
お問合せ・お申込み:茅野市民館 Tel 0266-82-8222
主催
共催
Light It Up Blue ちの実行委員会
茅野市民館指定管理者 株式会社地域文化創造

Light It Up Blue ちの 2019 とは?

いろいろな個性を持つ人たちが「まぜこぜ」にいる社会。「違い」にふれて認めあい、広く、ゆるく、つながっていく。ともに生きる命とつながる感性あふれる地域社会をめざし、毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」にあわせ、茅野市民館を青い光でライトアップします。

  • Light It Up Blue ちの 2019
    市民館が青い光につつまれます。
    2019年4月2日(火)~4月6日(土)
    19:00~22:00
    4月2日(火)は18:30から点灯 ※休館日のため館外のみ
    \インターネットでのライブ配信あり/
  • 関連企画 ドキュメンタリー上映&トークセッション
    ドキュメンタリー「Secret of Puka Puka」「ぷかぷかさんのいる町」の上映とトークセッションをします。
    日時:2019年4月6日(土)15:30~17:50
    会場:茅野市民館 マルチホール
  • フィナーレ「みんなで奏でるリズム!」
    個性を認めあい、命の鼓動を音にのせ、みんなでリズムを紡ぎ、ライトアップのフィナーレを飾ります。
    日時:2019年4月6日(土)18:00~18:30(点灯は22:00まで)
    会場:茅野市民館 ロビー
    ファシリテーター:塩津知宏(パーカッショニスト)、橋本禅(パーカッショニスト)
    18:30の点灯後、御諏訪太鼓保存会 湖響龍夢の太鼓演奏あり
    \青い色のものを身に着けてご来場ください/
  • 関連企画  つながるパネル展示
    発達障がいなどいろいろな個性にふれるパネル展示。当事者からのメッセージとともに「まぜこぜ」の世界がひろがります。
    日時:2019年3月17日(日)~4月13日(土)9:00~22:00
    会場:茅野市民館 スロープ

主催:Light It Up Blue ちの実行委員会
共同主催:茅野市民館指定管理者 株式会社地域文化創造
企画制作:R for I、アートミーティングすわ、茅野市民館指定管理者 株式会社地域文化創造
後援:茅野市、茅野市教育委員会、茅野市社会福祉協議会、特定非営利活動法人ながのアートミーティング、一般社団法人諏訪圏域障がい者総合支援センターオアシス、諏訪地域障害福祉自立支援協議会、JDDネットワークながの、長野県自閉症協会、一般社団法人日本自閉症協会、ユニバーサルサポートすわ、公益財団法人長野県長寿社会開発センター、社会福祉法人この街福祉会、富士見高原リゾート株式会社、NPO法人ぷかぷか、信濃毎日新聞社、長野日報社、市民新聞グループ(7紙)、エルシーブイ株式会社