長野県茅野市の子育て・子育ち応援サイト

父親として、子どもとどう接していいかわかりません。

イラストお父さんたちの中には、子どもと一緒に時間をすごしたいとは思っていても、仕事の帰りが遅いとか育休の制度はあってもなかなかとりにくいという方も多いと思います。保育園や学校行事にも以前に比べるとお父さんたちはとても多く参加しているように見えます。

ただ、イベントや家族で出かけることは出来ても、日常的な接し方について「時間がもたない」なんていう方がいるかもしれません。子どもが小さいうちはまだなんとかなりますが、大きくなるに従って「接し方が分からない」という声が聞かれるようになります。なるべく小さいうちから、コミュニケーションをとっていきましょう。講座などに参加する他にも、他の親子が遊んでいる様子を見る中からも発見できるかもしれません。

茅野市:パパ・ママ講座家庭教育センター(ファミリー講座など)

 
『ある先生の話』
子どもが小さい時に「ねぇ、聞いて~聞いて~」と寄って来られると「今忙しいから後でね」と話を聞いてくれない親。子どもが中学生ぐらいになって「うちの子はちっとも話をしない」と嘆く親。話しは、聞いてくれる人にするものです。小さいうちからいっぱいお話してください。