長野県茅野市の子育て・子育ち応援サイト

子どもが「学校に行きたくない」と言います。

イラスト何か日ごろのお子さんの様子を見ていて思い当たる事がありますか?学校で相談できればいいのですが、行きたくない原因によっては、直接先生に相談していいものかどうか判断がつきにくいものもあるかもしれません。

そんな時は、子育て・教育相談(茅野市)をご利用ください。他の相談窓口でも、教育相談へつなげます。その子にとってどのようなサポートが必要なのか一緒に考え、学校などの関係機関と連絡をとりながら対応していきます。

また、県教育委員会では、こどもの権利支援センターが窓口となり、相談を受け付けています。いじめや体罰などで苦しんでいる子どもや保護者の声を聴き子どもの側に立って一緒に問題解決に取り組み、家庭、学校、地域のみなさんとともに、子どもの権利が守られる環境づくりを行います。例えば、子どもと家庭、学校、地域との関係の間に立ち、現場に出向いて仲介調整などもします。

こどもの権利支援センター
どんぐり通信:窓口案内-電話で相談できる窓口

教育相談員より

まず、「うちの子は不登校になってしまった!」と、あわてふためかないことです。なんらかの原因やきっかけで不登校の状態になることはどの子にも起こり得ることなのです。場合によっては、危機的状況を不登校によって回避することができることもあるのです。「不登校だから、いけない子だ」などと思わないでください。ここで大切なことは、どうしたら再び学校に通う力を取り戻してあげられるのか、そのためにはどのような支援をしたらよいか、を考えあうことです。

学校の先生方とよくよく相談していきましょう。学校生活の中にさまざまな要因が認められている場合、または家庭にその要因が考えられる場合もあります。誰の指導がいけないから、などと責め合うのではなく、お互いになすべきことやできることを話し合い、具体的に実践していきましょう。特に、心掛けていきたいことは、子どもの孤立感や自己嫌悪感を和らげてやることからも日常的な言葉がけや行動化を促す励ましを大切にしてください。