長野県茅野市の子育て・子育ち応援サイト

子どもに「性」のことをどう教えていいのか分かりません。

イラスト性について教えなくてはいけないと思う気持ちは大切な事です。このことに関して相談する窓口がないので、あなた自身が勉強することも必要です。子どもが小さいうちは、「聞かれたことについて嫌な顔をしないで答えられる」関係をつくる事が一番です。そして、小学生や思春期に入る頃なら、子どもから聞かれたことについて、普通の顔で答えられるように親として心構えを作っておきましょう。

子どもたちには、早い時期からインターネットなどで情報が入ってくるので、今から準備しておく方がよいでしょう。「子どもに何を望むか。何をして欲しくないか。~なことは私は好きじゃない」などきちんと口に出して伝えてください。

赤ちゃんが毎日気持ちよく過ごせることも赤ちゃんにとったら性教育です。子どもの絵本の中に性教育の本を置いておき、子どもと一緒に読んだり、子どもがさりげなく手にとって見られるようにすることも一つの方法です。お風呂に入って体をきれいに洗う方法を教えてあげる事も大切な性教育です。小さい頃からしっかりコミュニケーションのできる関係を作っておけば、普段の会話の中でうまく伝えることができるでしょう。

お母さんの中には「男の子ことは分からない」という方が多いですが、会話の中に普通にあれば特別に構えなくても性教育ができると思います。

『このままのあなたでいいんだよ』 ~みぶ母乳育児相談室・壬生正子

今、子どもにおきている性の問題をみると「性教育をしなくては」と思う方も多いと思います。

親ができる家庭での性教育で大切な事は、まずその子が、生まれもったものを大切にして、「このままのあなたでいいんだよ」「あなたは大切な命なんだよ」ということを伝えていくことだと思います。

お父さんやお母さんは、その子が生まれた時の様子や想いを何度でも話してあげてください。それが子どもに染み込んで自信をもって生きていくことができると思います。

最近、早くに性に走る子もいますが、その中には親から否定的な言葉をかけられたり、接し方が難しい時期に放任されたりと、日常生活の中で淋しさやストレスを抱えていて、それを性に向けていることもあります。難しい知識は、本や学校でも教えてくれます。親としては、先ず子どもが安心して生活できる「あたたかい家庭」をつくることだと思います。そして「あなた生理いつあったの?」と気軽に聞ける親子関係ができていれば万が一失敗があったとしても、親子が一緒に悩むことで、親の気持ちを感じ取ることができて、立ち直っていかれると思います。

そうしたことが、性教育の一番基本になる「自分を大切にできる。そして他人も大切にできる」ということに繋がっていくと思います。