長野県茅野市の子育て・子育ち応援サイト

親として、どう子どもと向き合ったらよいですか?

『我が子が心ゆたかな人間として育つためには、親や大人は子どもにどう関わったらよいですか。』

イラスト子どもは世の宝です。かけがえのない子どもをひとりの人格を持った人間として育てるには、親の子どもへの向き合い方・関わり方が大きな影響を与えます。子どもとよく話をし、子どもの言い分をよく聞いてやり、子どものサインを見落とさないことが「子どもと向き合う」ということと考えます。

子どもの心の成長を促すには、親や大人の”温かい愛情豊かなことばがけ”と、子どもに”豊かな体験”を積ませることが大事であります。そして、子どもの発達段階に応じて、人間としての道徳心や判断力を高めるとともに躾ける時に躾けるという適切な時期を見逃さないことが大事であります。

また、どんぐりプランがめざす「たくましく やさしい 夢をもつ子ども」に育つには、親や家庭での子どもへの向き合い方・関わり方を基盤にして地域も学校もみんなで子どもの成長にかかわることが子育ての基本ではないでしょうか。