長野県茅野市の子育て・子育ち応援サイト

お小遣いはいつごろ、どのくらい与えたらよいでしょうか。

Q. 子どもへのお小遣いはいつごろ、どのくらい与えたらよいでしょうか。またお年玉などの持たせ方は?
イラスト
A. 
子どもへのお小遣いの与え方を聞きますと、定期的に一定額を与えている家庭もあれば、必要に応じてその時々に与えている家庭もあります。お金は私たちが生活していくうえで生涯つき合っていかなければならない身近で、しかも非常に大切なものです。親からお小遣いをいただき、これを使ってものを買うという経験は「お金」の価値や使い方を学ぶとてもよい機会です。

子どもの実態にもよりますが「お小遣いを自分なりに使ってみたい」とする欲求が芽生え、お金の計算もできるようになるころ(小学三年生)から与えてもよいのではないでしょうか。定期的に月一回、金額の目安としては五百円程度と考えます。

これには親の指導がとても大切です。次のことを話して聞かせ、約束として守らせましょう。

  1. お父さんとお母さんが苦労して働いて得たお金であること。一円たりとも無駄にしてはいけないこと。
  2. 「お小遣い帳」を与え、記入のしかたを教えてやり、必ずそれに記入していくことを約束する。
  3. お金を使う時は買うものをしっかり考えて買うこと。買ったらそれを大切に使うこと。

実践後は、お小遣いがどのように使われ、買ったものがどう活用されているか、「お小遣い帳」を見ながら確認し合い、もっとよい使い方を子どもと話し合っていきましょう。

なお、「お年玉」やお祝い金(入学祝など)などの比較的高額なお金になるものについては、ぜひ本人用の預金通帳を用意してあげ「貯金する」ことのよさや楽しさを教えてあげてください。お金やものに流されず自分をコントロールできる力を培ってやってください。

(家庭教育センター 教育相談員 伊藤敏夫)

 
 
※初出:長野日報連載「子育て子育ちQ&A」(平成17年より毎月2回掲載)。許可の元、再掲載致しました。