『小泉山へ登ろう』とクリスマスリース作り

【写真】小泉山へ登ろう

玉川地区こども館”玉川のびのび館”では、11月4日(土)午前10時から、玉川地区スポーツリーダーと小泉山体験の森創造委員会の皆さんとの共催で、『小泉山へ登ろう』を実施しました。

子どもから高齢者まで33名の参加で、紅葉の小泉山へ登り、リース作りのまつぼっくりやつるなどの材料を集めました。

【写真】小泉山へ登ろう2

頂上では、子どもたちがスポーツリーダーさんに木で作ったパチンコの的当てゲームを教えていただき、しっかり遊びました。その後は、語り聞かせをしてもらったり、歌をうたったりして楽しみました。晴天に恵まれ、地域の里山の良さを満喫し、気持ちのよい交流を図ることができました。

【写真】リース作り1

そして、11月18日(土)午前10時半から、『小泉山へ登ろう』で拾ったマツボックリに色を付けて、クリスマスリースの材料作りをしました。ステキなリースになりそうです。

【写真】リース作り2

12月2日(土)午後1時半からは、いよいよリース作りです。子ども32人、大人10人が参加しました。『小泉山へ登ろう』で集めたつるを土台にして、マツボックリやどんぐりをベースに、地域の方からいただいたドライフラワー、それから紙粘土で星や、お花など、思い思いの飾りを作って接着しました。山の自然のものを生かしながら、とってもカラフルでステキなリースができました。

【写真】リース作り3

今年のクリスマスは、手作りリースをかざって、いちだんと楽しいものになるでしょう。