玉川のびのび館では、10月18日(水)に世代間交流「けやきサロン/昔話を聞こう」を開きました。

読み聞かせでは「働き地蔵」という泉野大日影の昔話を下校後の小学生が聞きました。昔の方言もたくさんあり低学年には少し難しいお話でしたが、玉川産の美味しいセロリを食べながら楽しく聞きました。最後は小学生リクエストの絵本の読み聞かせを行いました。

また、10月21日(土)にはペットボトルロケット10月の恒例行事となった「ペットボトルロケット」を今年も開催しました。

ペットボトルロケットは、炭酸飲料のペットボトルを3本つなげて作ります。ペットボトルを切るのはとても難しいですが、小さい子も頑張って作っていました。仕上げはシールを貼ったり、マジックで絵を描いてかっこいいロケットを完成させました。

ロケットができたら玉川小学校の校庭で飛ばしました。今年は発射台を安定させる板を作っていただいたので、飛ぶ方向も高さもとても良くみんな大満足!何度も何度も飛ばしていました。台風で心配された雨も降らず、親子で楽しく過ごしました。